スーパーに行く時間がない人の味方。アマゾンパントリー

近況・コラム

アマゾンで注文すると「プライム会員になってお急ぎ便にしませんか」ボタンが出てきます。

あれジャマだな〜、月額払いたくないし、とか思ってたんだけど、うっかり、よそ見してボタンをクリックしまったんです。

初月無料なら来月解約しようと思ってたんですが、すっかりハマってしまいました、パントリーに!

※パントリー
食器や食品を保管しておく場所みたいな意味です。

スポンサードサーチ

パントリーの費用

アマゾンパントリーは、プライム会員専用のサービスです。
アマゾンプライム月額:400円
パントリー1BOXあたりの手数料:1箱390円
アマゾンでは手数料と表記しますが、実質、送料と考えて良いと思います。

アマゾンパントリーのメリット

  • 対象商品をいくつか買うと手数料が安くなる
  • 月額払ってもスーパーよりちょっと安い時がある
  • 月額だと500円
  • 年払いにすると4,900円(税込)
  • アマゾンプライムは1ヶ月無料なので、
    お試し期間中に解約すれば月額は無料

スポンサードサーチ

アマゾンパントリーのデメリット

  • 1箱ごとに手数料が設定されているので
    たくさん買っても手数料は安くならない。
    むしろ手数料は追加される。
  • 2Lのペットボトル等、大きい物は数量制限がある。
  • 生鮮食品のアマゾンフレッシュは、地方では使えない
  • ダンボール発送なので緩衝材が大量に入っている。
アマゾン箱

ネットスーパーのメリット

  • 5000円以上購入すると送料無料
  • 生鮮食品、冷蔵品、冷凍食品も購入できる
  • フライパン等大きい物を買うとき便利
  • 地元産の味噌やしょうゆはネットスーパーのほうが揃う
  • ビニール袋で持ってきてくれるので梱包のゴミが出ない

スポンサードサーチ

ネットスーパーのデメリット

  • 少人数の家族では1回の買い物で5000円分選ぶのが結構難しい
  • サイトのユーザビリティーがいまいち。
    うちの近所のスーパーのネットスーパーにいたっては、検索がうまく機能しない、写真がボケている、スマホからは使えない。

ほしい商品に合わせて、Amazonパントリーとネットスーパー両方を使いわけています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました