目立つイベント看板・スタンド看板デザイン

デザイン小ネタ

スポンサードサーチ

掲載するもの、省略するもの

A4くらいのチラシを渡されて、この情報でイベント看板作って!というご相談を受けます。

看板にはチラシの情報を全部載せずに、メインのイベントと規模の大きいブースを大きめに扱い、小さなブースは思い切って省略しちゃいます。

全部載せたいのは山々ですが、情報が多すぎると読みづらくなります。

それぞれどれくらいのスペースを使うかは、主催者に確認します。

大きな文字で直球表現

長文はおススメしません

会場付近を歩いていて、5分くらい足を止めて看板の前でじっくり読む人はいません。

ヒネったキャッチコピーより、秒で理解できる直球表現が良いです。

とにかく視読性重視なので、フォントは1〜2種類しか使いません。

小さい文字は使用せず、パソコンのモニタで見て「スカスカでは?」くらいでおさめると、高さ1.8mくらいになった時にちょうど良いです。

詳しい内容は配布用パンフレットに記載するか、WEBで見られるようにします。

スポンサードサーチ

歩行者用か車用か

車道沿いに設置するような場合は、早いスピードでも読めるようもっと文字を減らします。
レストランの看板に料理写真がたくさん掲載してあったりしますが、高速で動きながら見るとあまり印象に残りません。

立看板の製作例

スタンド看板のサンプル
架空のイベントです
  1. 開催日とイベント名はとにかく大きく。
  2. 写真は被写体がよくわかる物を選びます。
    写真はトリミング(周囲の余白を切り取る)をして、色合いのコントラストを調整。
    写真の枚数は多すぎるとごちゃごちゃするので、枚数を絞り込みます。「肉が小さい」というクレームは実際あるらしいので、端の方に小さく「写真はイメージです」と入れること。
  3. 会場と時間と料金を記載。
    チラシに会場までの地図やアクセス方法が書いてあっても、看板を見ている時点でもう到着しているので、看板には地図は記載しません
    指示がない限り、◯◯県産黒毛和牛とか産地名は入れません
    仕入れの都合で産地が変わる場合があります。
  4. 同時開催のイベントがある場合。
    チラシに、手品ショーのマジシャンの名前、ダンサーチームの経歴、抽選会の景品など、詳細情報があっても、足元のほうは読みにくいので省略します。
  5. 主催・スポンサーは必須なので記載します。
    主催者の意向により大きさの指定があります。ロゴが必要かも含めて確認します。

スポンサードサーチ

無料の教科書を見つける方法

新聞広告、折込チラシ、雑誌の広告欄、街の看板などを、注意して読むようにしています。

実にいろんなパターンがあって、いろいろ気づかされる事が多いです。

自分の仕事と関係ないものでも普段からよく見る癖をつけ、考える力が大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました