ココナラは手数料が高いけど未払いリスクは減らせる

パソコン仕事・悩み

クラウドソーシング

最近よく聞く謎ワード「クラウドソーシング」。
そもそもソーシングとはなんだ。
縫い物(ソーイング)か。
なんとな〜く、わかるけど〜、きかれると「ウッ」となる言葉。

クラウドとは雲だね。どこから雲がでてきたんだよ。
1回雲は忘れて、

クラウド(インターネットを通じたサービス)

sourcing
ソース(出どころ、資源)+ingがつくと

資源利用

調達

不特定多数の人の寄与を募り、必要とするサービス、アイデア、またはコンテンツを取得するプロセスである。このプロセスは多くの場合細分化された面倒な作業の遂行や、スタートアップ企業・チャリティの資金調達のために使われる。群衆(crowd)と業務委託(sourcing)を組み合わせた造語で、特定の人々に作業を委託するアウトソーシングと対比される。

https://ja.wikipedia.org/wiki/クラウドソーシング

主に、オンラインで仕事を受発注する仕組みを指す事が多いです。代表的なサービスだと、「ココナラ」「ランサーズ」「クラウドワークス」などがありますね。

直接取引で手数料0

パソコン作業

かなり前、知人の紹介で10万円でWEB製作を直接取引で請けました。
当時の相場として、高い方ではありませんでした。

打ち合わせに数ヶ月、制作に数ヶ月かかり、途中で「お金がない」と言われました。

話し合った結果、3000円×24回払いで妥協しました。しかも当初は予定していなかった、毎月の更新作業も追加。いつ支払いが止まるかもわからない月収3000円の仕事。

びんぼっちゃま

ほかに、まるまる踏み倒されたこともありましたし、チラシのデザインをして、1000枚納品した後で、なぜか配るはめになったことも。

どこに配るかも決まっておらず、知らない町をうろうろして、2人で1000件配って足パンパンになりました。とんでもない仕事請けてた。暇と若さって怖い。

代金が支払われない、キャンセルされる、途中で契約内容が変わる、ありがちなトラブルです。特に、相手が個人・若い・女性と揃えば、大抵なめてかかります。契約書を交わしたか覚えていないのですが、いろいろと無知すぎました…。

スポンサードサーチ

ココナラを利用しようと思った理由

知識・スキル・経験を売り買いできるフリーマーケット

手に持つことができる物の発送じゃなくて、データや会話のやりとりもお金になるんですね。

ヤフオクにも、2012年から「スキル」というカテゴリが出来ています。2012年以前は個人間取引ではヤフオクが一人勝ちでしたが(楽天やビッダーズもあったけど)、王者ヤフオクが、ココナラ、メルカリを意識してサービス刷新(という名の値上げ?)が進んだのはこの頃でしょうか。

ココナラを調べてみたら、手数料が高いという記事がわんさか出てきて「いやいや、たいしたことないでしょ」と思ったら25%+消費税。おう…。ヤフオク手数料5%の時代から取引をしてきた身としては、なかなかの高値。

ココナラは、カテゴリによっては500円出品もあり、ここから25%引かれると、手取り375円、さらに消費税10%引かれます。
駆け出しの頃は、実績を積むためにタダ同然で仕事をしがちですが、300円でももらえればやる気も出るでしょう。

それに、サイトに登録して仕事の依頼を待つってすごいシステムじゃないですか。その業界で知名度がない限り、たくさんの人に会いまくってもなかなか成果は上がりません。

ココナラの手数料が高い件ですが、10万円を3000円×24回払いで妥協した私は実質28%損してるので、わたくしが元祖ココナラなのでは?手数料じゃなくて闇に消えてるわけですが。
まあ、初回でいきなり高額契約をしてしまった自分に落ち度がありました。
電話、メール、対面打ち合わせを繰り返して、嫌な思いも何度もしたけれど、分割の話がまとまったのは奇跡。
高い手数料は保険と思えば、ココナラも悪くはないのかな、と。

ココナラで需要があるか

早くお金が欲しくて、いっきに値段を下げて90%OFFとかにしても、それでも売れないものもあります。
パソコンひとつでできる仕事でも、原価に自分の人件費を入れましょう。
なんで売れないんだ?→見せ方を工夫しよう!と試行錯誤したり、いろんな市場を見ると、いろいろな発見があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました