ブログのネタ切れ、ブログが続かない人が陥りやすい原因

アフィリ

しばらくは毎日ブログ更新を続けられたけど、ネタ切れ…書くことがない、ってことありませんか。
それはズバリ。
マニュアルの読みすぎでしょう。
特に、アドセンスやアフィリエイト目的でブログを立ち上げる場合、早く結果を出したいあまりに、指南書を読み漁ってしまいがち。

スポンサードサーチ

べき論との向き合い方

  • 毎日更新するべき
  • 役に立つ内容を書くべき
  • 2000字以上書くべき
  • アイキャッチ画像を配置すべき
  • ポジティブなことを書くべき

あげるときりがないですが、指南書は「べき論」だらけ。これらを実行する「べき」理由はちゃんとあるのですが、それは一旦置いといて。

マニュアル読んだついでに、ブログコンサルも視野にいれるべきか?と思いましたが「師匠の言うことは絶対なので、ひたすら言う通りにしろ」と書いてありました。

「言う通りにしろ」と言われ、本当に実力をつける人がいる一方で、利用されてしまう人もいる。従順なだけが正義じゃないし、反骨精神だけが正義じゃない。

駐車場

コンビニやチェーン店普及のために、マニュアルが徹底され、どの店でも均一なサービスが受けられる。これがネットの世界にも浸透して、個人のサイトにも「均一な高いクオリティ」が求められている。

アクセスが少ないうちはのびのびと書けるが、役に立つサイトを作らなければならないという意識が根付くと、間違ったことを書くと非難されるのでは、という恐怖がまとわりつく。

役に立つかどうかは読者が決める

「今日は美味しいラーメン屋にいってきました」なんて、誰もあなたの食事に興味ない。

↑そんなゴミ記事は書くなよ?役立つ事を書くんだよ?といろんなところで言われてるけど、いやいや、人のご飯めっちゃ気になるじゃないですか。

美味しそうな日記、もっと自由に書いて良いと思う。これはいいな、これはナシだな、とツッコミながら読み進めていくのが楽しい。

スポンサードサーチ

ネガティブを殺さない

熱狂

「ネットにはポジティブなことしか書いてはいけない」。私もそう思っていました。不満はチラシの裏に書いとけ、と。

嘘でも「自分はハッピーだ」と言い続けると、脳が勘違いしてハッピーになるらしい。

ツイッターでハッピーそうな人をたくさんフォローしてみたら、TLにテンプレのキラキラツイートと「収益報告」が延々続いて、かえって食傷してしまった。

ハッピーどころか逆に「なんやこれ…」となってしまったので、キラキラの世界が合わないと思ったら、静かにミュートする。ネガティブな気持ちになっても否定しない。

  • 自分以外、みんな成功している
  • 自分以外、みんな幸せそう
  • 自分だけ不幸

そんな暗黒思考に支配された時は、不運な時代に何を学んだか考えたり、幸せそうな人にも長所と短所、見た目からはわからない悩みがあり、家に帰れば配偶者に怒鳴られてるかもしれないぜ、とか、暗黒思考の時間もそれなりに有意義に過ごす。

ネタ切れになったらコレ

カブ子
カブ子

マニュアルと真逆のことをやってみる

  • 1ヶ月に7記事かけたら御の字
  • 自分だけが盛り上がるテーマで記事を書く
  • 文字数を数えない
  • 記事と関係ない写真を入れる
  • 読みやすさは考えない
  • ネガティブな事をおもしろく書く
  • ツイッターを見て、ちょっとつぶやく→後で140字のつぶやきをブログで1000字くらいに膨らませる

ネットを始めた頃、HPを作りーの、コラムを書きーの、メルマガ配信しーの、と忙しく活動しており、ありがたい事に毎回感想をいただいていました。

これだけSNSが普及し簡単にコンタクトとれるツールが出来たのに、逆にもう誰も感想なんて送ってこない。

ちゃんと最後まで読んで「つまんねーよ」って送ってくださるその労力!敬服いたします。
今はみんな忙しいのよね。こんな下のほうまで読む人そんなにいないわね。

忙しいからネタバレを読んでから本を買うとか、権威がある人の記事なら読むとか、とにかく失敗を恐れすぎる風潮が、日本という国を窮屈にしている。

人は余裕をなくしてしまったし、マニュアルがないと何もできない。

スポンサードサーチ

失敗しても後で書き直せば良い

おやすみ

マニュアルと真逆のことをやってみる、というのは一見投げやりに見えますが、文章のパターンを増やす練習と、思考のアク出しになります。

ブログを書くとき、一番良くないのは「人と比べてしまうこと」。

人気ブロガーのメソッドを真似するのは、アクセスアップには有効ではあるけれど、スランプに陥ってるときは一旦遮断したほうがいい。

全然話が広がらず文字数少ないとか、言いたい事が多すぎて文字多すぎぃ!とかでも、自分ルールではアリにしましょう。

最初から100%を目指さない。
Aさんにとってはクソ記事でも、Bさんが面白がってくれる事もある。皆に愛されるのは所詮無理な話。

情報過多な時代だからこそ、少々へんな記事を書いても人の目に止まらない。自分が思ってるより、ダメじゃない場合も多い。

もっと気楽に書こう。ただしモラル、物事の善悪には注意だぜー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました