デザイン現場でフォトショップを使うケース

デザイン小ネタ

大型インクジェットプリンターでの出力は、同じデータでも、室温や湿度によって印刷するたびに仕上がりが微妙に違ってきます。

色のトーンを変えたデータを、複数パターン作り、テスト印刷を繰り返して一番希望に近い物を納品します。

男性アイドルの場合は「日焼けしたイメージとワイルドさを前面に出し、写真を明るくしない、美肌加工しないこと」というような細かい指示が出されたりします。

カラーバランスを変えた画像
カラーバランスを変えた画像

スポンサードサーチ

デジタル写真は、ほとんどフォトショップで加工をしてる

チラシやポスター、パンフレットに掲載するための商品や社員の写真をフォトショップで加工することがありますが、顔色を明るくしたり、クマを消したり、ご要望に応じてさまざまな処理をします。

加工方法は全部独学で学びました。

ド素人だった私が、なぜ独学でフォトショップを使うようになったかというと、自撮り写真をちょっとでもかわいくしたい一心でした。

今みたいにスマホアプリがなかったから、執念が学習意欲に火をつけた。

何枚も加工して慣れてくると、コツがわかってきます。

メイクは引き算

加工女性
加工前(左)・加工後(右)

女性の写真を加工した例です。
ほうれいせん、エラ縮小、口角あげ、目の下のしわをちょっと消して、ノーズシャドウを足して、髪色を変えました。

目を大きく、鼻を高く、顔を小さく、足を長くとか、やろうと思えばなんでも可能だけど、極力、その人らしさを残すようにしています。

スポンサードサーチ

実際の仕事とやりたい仕事のギャップ

現在の仕事では、人物写真を加工することはほとんどありません(芸能人の場合は、事務所から加工済みの素材が支給される)。

加工するのはプロカメラマン撮影ではない商品写真、たとえば湯呑みの写真の背景を消したり、グラスに映り込んだ照明を消したりします。

ファッション業界の担当にならない限り、地味な仕事が多いです。

建築カタログ作成では、ひたすら、工具や作業着とにらめっこでしたし、工事現場の道具の種類の多さに驚きました。

フォトショップだけ使えればOKではないし、デザインといってもジャンルは幅広いです。

新しい仕事に取り組むと、いまだに緊張します。

どんな仕事でも一定のクオリティを保持しないといけないので、勉強に終わりがない職種ですね。

最短で無駄なく学ぼうとせずに、コツコツ続けていくことが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました