ドラマ「ザ・ウォーキング・デッド」で見る物資不足の時の対策

近況・コラム

「新型コロナウイルス感染症」の流行は中国だけかと思っていたら、ついに日本でも感染者が出ました。

米国で大ヒットしたドラマ「ザ・ウォーキング・デッド」はゾンビによる世界の終末を迎えた後の物語。

生き残った人々は少人数のグループをつくり、安住の地を求め、ゾンビから逃れつつ旅をするホラー系ロードムービーで、フィクションですが原因はウイルスとされています。

現実でもドラマでも、ウイルスが脅威であることに変わりありません。

ただの娯楽として観ていましたが、非常事態における行動について考えてみました。

カブ子
カブ子

これからドラマを観る方は、以下ネタバレ含みますのでご注意ください。

スポンサードサーチ

安全な街を統治するリーダー

シーズン3の3話あたりに出てくるガバナーという人物がいます。
(字幕では総督。governor=知事という意味にもなる)

見た目はスラっとしたハンサム、73名ほどが暮らす街のリーダーとしてそう呼ばれています。

彼の街「ウッドベリー」は周囲に高い塀を築き、家も食べ物もあり、安全に暮らすことができました。

カブ子
カブ子

個人的にはニーガンよりガバナーのほうが怖い!

手に入りづらい物を集める手っ取り早い方法

ゾンビがはびこり、司法、警察、商業などがストップした世界で、なぜ快適な暮らしが可能か?

ガバナーは少人数で活動している軍隊を襲って武器や物資を強奪、用がなくなったら容赦なく銃殺するという、冷酷な男なのでした。

強奪だけで73名の生活を支えているのはやや不自然ですが、そういう設定です…。

スポンサードサーチ

ガバナーは冷酷だけど、愛する娘を生き返らせたい

ガバナーにはゾンビ化した幼い娘がいます。鎖で拘束してオリに入れ、密かに元にもどす研究をしていました。

オリから出して、娘の髪をとかしてやると、皮ふが死んでいるため頭皮がごっそり取れたり、実の父親を食べようとしてきたりして、さすがのガバナーも大ショック!

裏の顔は冷酷極まりない父ですが、娘を助けたい一心でおかしくなっていく、悲しくもゆがんだ親心。

結局その娘も、敵対するグループのミショーンに刺されてしまうのです。

物資、食料集めに必死すぎたガバナーの末路

ガバナーは別のグループ(元保安官リック達)と争うも失敗し、手下には逃げられ、ヤケクソになり街に火をつけ、とうとうひとりぼっち。

放浪中、幼い少女を抱え、助け合って生きる家族と出会い、自分の娘の面影を重ねて次第に心を開いていきます。

カブ子
カブ子

ここで再登場するガバナー、まだ生きてたの!?という驚きしかなかった。しぶとい。

そして少女とその母親を守るため、また住居のっとりと強奪を試みますが失敗し、ざっくり刺されて命を落とします。

ここでようやくシーズン4の8話。ガバナー登場から最期を迎えるまで21話かかっています。ああ怖かった!

スポンサードサーチ

薬と衛生用品の不足は深刻

一方、元保安官リック達のグループではインフルエンザが流行したり、赤ちゃんが生まれたりして、薬やミルク、おむつ不足が深刻。

ゾンビをよけながら廃墟スーパー、大学、薬局、保育所に空き巣に入って物資を調達します。

旅の途中いろんな人と出会いますが、人から物資を奪い取ったり、協力を拒んだ者はだいたい最後死にます

非常事態では、なるべく大人数で進み、助け合うほうが生き残れる確率が高くなります。

マスクがお店で買えず、高値転売される日本

マスクがない

2020年1月「新型コロナウイルス感染症」の流行にともない、全国のスーパー、ドラッグストアからマスクが消えました。

フリマアプリ「メルカリ」では通常の10倍の値段でマスクが取引されています。Amazonやヤフーショッピングのお店も。

100均マスクの転売

マスク60枚、どう考えても1000円もしないでしょ。ホコリよけに超立体マスク愛用してますけど100枚で1100円くらい。

超快適マスク30枚は通常は1000〜1500円くらい

日本中が、安いマスクがないか探す人と、自分だけ儲かろうと必死になっている人達ばかり。さもしいなあ。

マスクは予防的に使うのではなく、咳やくしゃみ等の症状のある人がつけてください。今はマスクを高値で取引されていますが、そのうち過剰在庫になり売れなくなります。

犯罪と言い切れないにしても、転売ビジネスは嫌われます。友人や家族に自信持って言えますか?
目先の利益にとびつかず、今やるべきことを考えてみてください。

まず公的機関から、正確な情報を得る

非常時に備えて情報収集と日用品の確保は大事です。必要な分を確保したら買い占めはやめましょう。
インターネットもテレビも電話も使えない状況になったら、あとは情報が命綱になります。

よくわからない人が書いた記事より、厚生労働省のサイトのほうが信憑性が高いです。

コンピューターに感染するウイルスも出回っています。新型コロナウイルスを題材とした攻撃メールについて注意喚起されています。
厚生労働省及び検疫所から国民へメールすることはありません。

独立行政法人情報処理推進機構
(IPA:Information-technology Promotion Agency, Japan)
「Emotet」と呼ばれるウイルスへの感染を狙うメール

不安で冷静な判断を失うと別の被害が増えます。落ち着いて行動しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました