手を消毒するイラストを描いてみた

近況・コラム

スポンサードサーチ

定時で帰るデザイナー、イラストを描き始める

新型コロナウイルスの影響で、デザインの仕事が激減しました。

イベント関係はモロに打撃を受けていて、出社しても定時で帰ります。

時間ができたのでイラストを描いてみることにしました。
自由に描こうと思ってたのに「せっかくなので役に立ちそうな絵を」「自分も勉強になる絵を」と思うところが、結局仕事から離れられない商業デザイナー脳。

誰かがやるだろうとか、自分は関係ないとか「他人事」感が抜けないと、問題は解決しません。

ウイルス対策も「他人事」と考えている人もまだ多いのではないでしょうか。

家にいよう。
家で出来ることといえば、文章書ける、絵が描けるじゃないか。

下手でも!
見ている人がいなくても!
発信する!

手を消毒するイラストはこちら

めちゃくちゃ時間かかりましたが描いてみました。

褐色の肌のバージョンです。

スポンサードサーチ

広告やデザインに携わる人も無関心ではいられない

2020年1月から人々を脅かしている新型コロナウイルスですが、その収束がなかなか見えません。

医者や看護師は患者を治療、小売業者は仕入れをして顧客に商品が行き渡るよう販売、というようにそれぞれに役割があります。

では、デザインに携わる人は何をすればいいかというと、
「情報を、誰が見てもわかるように伝える」という仕事があります。

間違った情報を流し、人を惑わせ、人の命を危険にさらして、自分の利益だけ追求している人は、こんな時くらいおとなしくしていてほしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました