働く女性の人脈づくりのヒント・異業種交流会に行ってきた

近況・コラム

結構前の話ですが、無料の異業種交流会に参加した時のレポートです。
予備知識なしで参加しました。
働く女性の生き方、人脈づくり、キャリアアップに悩んでいる人におすすめの記事です。
※募集はすでに終了しています。

スポンサードサーチ

異業種交流会は応募者が多くて抽選

場所は某有名ホテルのバンケットホールで、定員約100名。
「抽選に外れてもいいや」いう軽い気持ちで参加したら、倍ほどの応募があったそうで、女性達の関心の高さに驚きました。

受付で応募者の名簿と照合されて会場に入ります。6人がけのテーブルが14〜15個あり、席は受付で決められ、名札をつけられました。

完全受け身では参加できないんだな、と気づいたが時すでに遅し。
本当になんも考えずに来た私。

会場の様子

異業種交流会の内容

開会の挨拶の後、地元で働く女性数名がパネリストとして登壇しました。

スライドショーを見せながら、どんな業務に携わっているか、どのようにキャリアアップしてきたか講演。プレゼン力の高さに圧倒される。

スポンサードサーチ

ディスカッションタイム

色鉛筆

同じテーブルのメンバーとトーク。
まず自己紹介。
話す内容を考えていなかったので、グダグダになりながら自己紹介。そして提示された議題について、テーマごとにディスカッションしていく。

参加者は事務員とか主婦なので、会話が特別上手というわけでなく、和気あいあいとした雰囲気。

「仕事で困っていること」が話題に

  • お局がいじめてくる
  • 男性上司が育児に理解がない
  • 激務すぎて結婚に希望が持てない
  • 仕事と育児の両立ができない
  • 自分はどんな仕事が向いているかわからない

女性は、よほど恵まれた環境でない限り、「結婚」というライフイベントが仕事に大きく影響します。

結婚しなくても「女性はどうせ結婚するから」という理由で、平均的に給料が低めに設定されているのが現状です。地方や中小企業は特に!

「仕事についてのお悩み」より、男性主導の企業で働きづらさを感じている人が多いな、と痛感しました。

低い給料をいかにして上昇させるか、働きやすい職場をどうやって作っていくか、本当に知りたいのはソコなのに、問題が多すぎて本題へたどりつきませんでした。

スポンサードサーチ

働いていない専業主婦のお悩み

無職の方も参加していました。

キラキラ女子
キラキラ女子

学校を卒業してすぐ結婚して、働いた経験がなくて、いま、自分探ししてます〜♪

という20代女性がいて、ホォー、この時代にもそんな人がいるのかー、と逆に新鮮でした。「自分探し」って今でも使うのかー、ホォー!

社会人経験が少ないと、どんな仕事があるのか、自分の能力や適性がわからないという人は結構多そう。

決まった人としか会わない生活をしていると、価値観は偏り、新情報は入ってきません。

「自分探し」って簡単に言うけど、そんな探し物はないからね。
「気づきを得よう!」「有益な情報はどこだ!」と探している時ほど、新鮮な情報は出てこなかったりします。

交流会で得たもの:共通点が一つもない人と話す

異業種交流会=ビジネス的な会合かと思いきや、

カブ子
カブ子

自分の知らない職場では何が起きているか、まず耳を傾けよう。

という場でした。
ネットで何か検索をすると、自分に都合の良い情報を選択してしまいます。

対人間だと予想と違う話をされることがあるので、こんな時に応用力が試されるんだな。

ランタン少女

社会人になると、社内と取引先以外の人と話す機会は、思いっきり減ります。
家庭を持つとさらに、趣味の仲間と集まる時間はなくなるし、どうしても行動範囲が狭くなりがち。
でも、どんな人からでも、学ぶことは必ずあります。

  • 見たことのない物を見る
  • 知らなかったことを学ぶ
  • 知らない人の話を聞く

ネットで10回検索するより強烈に記憶に残る。

市の広報誌に載っている無料で参加できるイベントや、美術展など、お金を使わない学びの場はたくさんあります。

コロナ渦で人が集まるイベントはまだ要注意ですが、感染者が減ってきたらもっと外に出かけよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました