カラーコーディネーター検定の勉強法

仕事・悩み

転職する際に、資格があったほうが就職に有利なのでは、とカラーコーディネーター検定を検討している人にオススメの記事です。

2020年は制度改定の年でしたが、独学で受験して合格しました。
試験範囲、効果的な勉強方法についてポイントを押さえたいと思います。

カラーコーディネーター検定の種類

カラーコーディネーター検定は、商品開発、建築・インテリアなど工業分野でニーズが高く、店舗のコンサルティングなどでも活用できる資格です。

検定の種類は2つあります。

スタンダードクラス:
日常の色彩に関する基礎的な知識

アドバンスクラス:
スタンダードクラスの知識+ビジネスにおける色彩の活用事例など幅広い知識

出題範囲

テキストの画像

検定では、東京商工会議所編の公式テキストに該当する知識と、それを理解した上での応用力が試されます。

2020年度から試験の形式が変わっていますので、メルカリ等で古い古いテキストを買わないように注意してください。

テキストは東京商工会議所から直接購入するか、Amazon、楽天booksでも販売しています。

スポンサードサーチ

試験の難易度

試験は選択式で制限時間は90分、70点以上で合格です。

2020年度の試験の合格率は72%。

テキスト前半は、光の反射、光の波長の色、トーン(色調)と色相(ヒュー)の違いなど、ひたすら用語の暗記です。

Photoshopで画像のトーンや色調を触ったことがあると、理解しやすいかもしれません。

試験はひっかけ問題があるので、文章問題を読解力と、スピードが試されます。

テキストで予想外だった項目は「眼の役割」。

水晶体、瞳孔、視細胞、神経についてのメカニズム。

「色は光がなければ見えない」という原理から、太陽から視神経まで深く掘り下げた学習になっています。

色の勉強をしていたのに、いきなり理科の授業みたいになります。

そんなに重要な項目じゃないと思っていたのですが、ガッツリ試験に出ましたので、手を抜かずに勉強しましょう。

カラーコーディネーター検定は就職に有利か

就職

ファッション業界はもちろん、美容業界、広告など、あらゆる場面でスキルが活かせますが、カラーコーディネーター検定に合格したからといって、必ずしも就職に有利とは言えません。

人によっては「なにそれ?」で終わる恐れもあります。

しかし、検定に向かってコツコツ勉強する姿勢は高く評価されますし、勉強の過程で何を学んだかキチンと説明できれば、面接でもプラスになります。

カラーコーディネーター検定は難易度低めの検定なので、履歴書が真っ白な人はチャレンジしてみる価値はあると思います。

スポンサードサーチ

独学での学習方法

勉強

独学なら公式テキスト1冊を最低2回以上最後まで熟読する必要があります。

テキストは190ページくらいなので、試験の3ヵ月前から始めて、毎日3ページずつ勉強すれば余裕だな、と計画を立てました。

ところが「明日でいいや」と1度サボると癖になってしまい、ひどいときは2週間くらいテキストを開かない時期もありました。

遅れた分は最後の1ヵ月で詰め込みましたが、結構キツかったです。

「ここで諦めたらテキスト代と検定代が無駄になる!」と思ってしぶしぶ勉強していました。

どうにか合格できましたが、締め切りがないと火がつかない人は、通信講座が向いています。

独学のデメリット

  • カラーの検定なのに公式テキストは文字多め
  • テキストは説明のみで例題が載っていない
  • 自分で問題を予測しなければいけない
  • 相談できる人がいない

キャリカレのカラーコーディネーターW合格指導講座

キャリカレでは、カラーコーディネーター(スタンダードクラス・アドバンスクラス)とAFT 色彩検定®(2・3級)のW資格取得が目指せます。

  • やさしいカリキュラムで1資格を最短1ヶ月で取得
  • 短期間で必要な知識を効率よく学ぶ
  • 最大12ヶ月間の無料サポート
  • 練習問題と添削問題で実力UP

ユーキャンのカラーコーディネート講座

ユーキャンのカラーコーディネート講座では、一般社団法人パーソナルカラリスト検定2・3級の取得が目指せます。

パーソナルカラリストは、「似合う色」についての理論を学ぶことができます。

資料請求は無料です。→「生涯学習のユーキャン」資料請求プログラム
  • 学習時間は1日30~60分
  • 初めての方に最適なサポートも充実
  • メインテキストオールカラー(全3冊)
  • やさしい表現で専門用語も丁寧に説明
  • 学習がより楽しくなる充実の副教材
  • ワークブックをこなして知識が身につく
  • 添削、質問可能
  • 受講開始から6〜12ヵ月まで指導

一般職や営業でも、色の知識は役に立つ

服やメイクの仕事に携わる場合や、インテリア関係の仕事、ポスター制作、WEBサイト作成、趣味のブログのカスタマイズなど、色を扱うシーンは無数にあります。

接客業なら店内装飾に活用できますし、一般職や営業でも、プレゼン資料等を自作する際に、色の知識があると役立ちます。

他人が作ったテンプレートを使わず、自分で工夫して資料が作れると、仕事の効率化にもなります。

どんな仕事でも、人より「ちょっとだけ気の利いた」パフォーマンスを心がけると、次のステップアップに役立ちます。

見るだけで楽しい配色アイデア帳

独学で学ぶ場合、公式テキストはあまり楽しい本ではないので、気分転換に配色アイデア帳などの本を読むのがおすすめです。

Kindle版が出ているものは、タブレットで手軽に読めるので、仕事の休憩時間など、スキマ時間に見るだけでもカラーに関する理解が深まります。

アマゾン限定 日本の美しい色と言葉

コメント

タイトルとURLをコピーしました