イラストレーターCCを最新のバージョンにアップデートする方法

イラストレーターCC アドビ情報

正常なイラレデータなのに、イラストレーターCCでデータが開けないことがありました。
そんなときは、最新のバージョンにアップデートすると開けるようになります。

イラストレーターのバージョンの呼び方は変化してて、最新はCC(シーシー)と呼びます。

バージョン8
バージョン9
バージョン10
CS1
CS2
CS3(あったっけ?)
CS4
CS5
CS6

CC(クリエイティブクラウド)

イラストレーターCCを使っていたら、すべてのバージョンのイラストレーターデータが開けると思っていましたが、最近いただくデータで、たまにこんなメッセージが出ます。

データの一部が失われる場合があります

「ファイル○○○.aiは、新しいバージョンのIllustratorで作成されました。このファイルを読み込みますか?データの一部が失われる場合があります。」

メッセージを無視して、むりやり開けなくはないですが、全体にクリッピングマスクがかかっていたり、アートボードの位置がおかしくなったりします。

イラストレーターCCのバージョン23.1バージョン24で作られたデータを開こうとすると、このような画面が出ます。

カブ子
カブ子

同じCCでも古いバージョンと新しいバージョンがあるのです〜

macのメニューバーのAdobe Creative Cloud(しぼったぞうきんみたいなアイコン)か、メニューバーになければ、アプリケーションフォルダのアプリをダブルクリックします。

クリエイティブクラウド

クリエイティブクラウドのデスクトップアプリを開くと、イラストレーターが2つあります。

macOS Sierraでは、左側のイラストレーターのボタン(v24)には「互換性がありません」と表示されます。

クリエイティブクラウドデスクトップアプリ

上の画面が出た方は、macOSのアップデートからどうぞ。
macOS SierraからMojaveへアップデートする方法

macOS Sierraにイラストレーターv24をインストールしようとするとこんな画面が出ます。

更新が必要です

「をインストールするにはシステムを更新する必要があります。Illustrator。以下を確認してください。
-macOS 10.13以降」

文頭おかしかったり変なとこに句読点ついてるけどご愛嬌。

スポンサードサーチ

イラストレーター 2019(バージョン 23.1)に対応するmacOS

Sierra(macOs10.12.6)

イラストレーター 2020(バージョン 24)に対応するmacOS

High Sierra(10.13)
Mojave(10.14)
Catalina(10.15)

イラストレーターCCを最新バージョン(v24)にアップデートするにはまずmacOSをHigh Sierra以降にしなくてはいけませんが、めっちゃ時間かかるので、忙しくないときにどうぞ。

macOSを Mojaveにアップデートして、メニューバーからAdobe Creative Cloudアプリを開くと、アップデートボタンが青になりました。

クリエイティブクラウドデスクトップアプリ

あとは、アップデートボタンをクリックして画面の案内に沿って待つだけです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました