アドビ非認定のバージョンのアプリケーションは認めない

デザイン

CS6以前のアドビ製品が使えなくなる!?
そんな話を耳にして、アドビの公式サイトを見るとなんだか見慣れない文が記載されています。
非認定ってなに?
デプロイってなに?
CS6のアプリがいきなり起動しなくなるとか?
あとで「しまったー」てことにならないよう、ちゃんと読も〜。

スポンサードサーチ

アドビのポリシー

非認定アプリケーション

参考リンク

非認定バージョンの削除
アドビでは、一部のアプリケーションの古いバージョンを非認定とし、使用を認めていません。

すべての非認定バージョンを削除する

アプリケーションの非認定バージョンを検出し、このパッケージがデプロイされているコンピューターから削除する特別なパッケージです。使用しているオペレーティングシステムのパッケージをダウンロードして、エンドユーザーのデバイスにデプロイします。

https://helpx.adobe.com/jp/enterprise/kb/remove-unauthorized-versions.html

カタカナが多い文章ですなあ…わからんこともないけど、わかりにくい。

カブ子
カブ子

これは古いバージョンのソフトを削除するツールです

ざっくり翻訳こんにゃくするとこんな感じ↑

スポンサードサーチ

デプロイの意味は使えるようにすること

SEとか開発をしている人には当たり前の用語なんでしょうかね。
デザインやっている人にいきなり「デプロイ」なんて言われてもチンプンカンプンです。デブロイ?デブ?
deployを翻訳すると「展開」「配備」すること。
デプロイとは
「使えるようにすること」です。
よし、覚えた。
うん、たぶん忘れるだろう。
文の解釈に時間がかかってしまい
肝心の「やらなきゃいけないこと」を忘れるとこだった。

非認定バージョンとは?

「非認定」というと、
なんだか、ユーザーが不正をしているかのような感じがしません?
過去に代金を支払って購入した永久ライセンスの商品が
年月を経ると「非認定」となるのはなんだか矛盾しているような。
アドビさんは、
「旧バージョンを使わないように。削除しなさい」
と言っているんですね。
強制的に今すぐ使えなくなるわけじゃないみたい。

うさぴこ

現在は旧バージョンがダウンロードできなくなってるから、インストーラーは前もって探しておこう。

パソコンが壊れて初期化した場合、
インストーラーがなければ
アドビ製品の最新バージョンを新規購入するしかないのかな?
CC以前(CS6)のダウンロードが出来なくなる件についてはユーザーへ告知がなく、旧ユーザーが騒然となっています。
Creative Cloudフォーラムで知りました。
サポートページ一覧には、CS6アプリケーションのインストール方法のリンクはありますが、アクセスすると「404」が出ます。
不親切…。

スポンサードサーチ

非認定アプリ対象製品

パソコン作業

非認定アプリ対象製品(2019.5月現在)
Photoshop
InDesign
Premiere Pro
Media Encoder
After Effects
Animate
Audition
Lightroom Classic
Bridge
Prelude
SpeedGrade
Captivate

CS6を削除してCC2019にアップデートできない理由

今のところイラストレーターは対象製品に入っていないけど、今後はどうなるかわかりません。
もしイラストレーターの旧バージョンが「非認定」となった場合、仕事に支障がでます。なんでかというと、

  • パソコンにイラストレーターCS6をインストールして、カッティングプロッタ用のプラグインを入れている
  • プロッタのプラグインはイラストレーターCC2019には対応していない
    (2019年6月対応予定)
  • macOS10.14(Mojave)
    ではイラストレーターCC2019以前のバージをインストールできない

プロッターやプリンターを気にしなくて良いならすぐアップデートするけどなー。
パソコンが壊れたらどうしようか。
「その日」はいつも突然に…。
パソコンとアドビソフトを最新の状態にすることで、プロッターやプリンターが使えなくなるのは痛い。
それが一時的だとしても。

OSとイラストレーターのアップデートはすぐやらない

イラレ

制作業務が長い人ほど、プリンターやプラグインとの互換性の問題があるから、最新版へのアップデートに慎重。
私は2018年10月〜11月頃に、イラストレーターをうっかりアップデートしてしまったのですが、開いただけでイラレが落ちる。
文字しかな軽いファイルでも落ちる。
ツールバーの機能がパズルのように移動して何がどこにあるかわからなくなるという、
ひどい(面白い?)バージョンでした。
バージョンアップによる不具合を恐れるあまり、 旧バージョンを使いたい人にとって、
「非認定バージョン(旧バージョン)は削除しなさい」は悩ましい問題でしょう。
バージョンアップすると便利になったり、
動作が安定したり、メリットが大きいければ、すぐしますけども。

アップデートでの不具合を調べる

不具合かな?と気になる症状があるときや、アップデートしても大丈夫か不安なときはチャットサポートに問い合わせるか、
アドビ ジャパンフォーラム
をのぞいてみると
有益な情報が見つかるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました