Gmailアプリの署名設定は、パソコンとスマホ版は別でした

iPhone・iPad

もともとパソコン(Mac)でGmailアカウントを使っていましたがiPhoneにGmailアプリを入れました。

Gmailでのメールのやりとりは頻繁ではないので、8割は受信専用になっています。

iPhoneと、Macと、iPadで、受信メールはもちろん送信済メールも同期するので、どこからでも確認できるのが最大のメリット。

スポンサードサーチ

Gmailの署名設定

送信したメールをなにげなく後で読み返していると、文末に「…」点が3つついているのに気づきました。

なんだこれ?と思ってタップしたら、本名とGmailアドレスが表示されました。本名なんて書いてないし、署名は設定していなかったはず。

署名を確認するには、パソコンのブラウザでGmailにログインし、右上の歯車をクリックします。

Gmailのパソコン版

パソコン版の署名欄は空白です。

署名欄

Gmailのスマホアプリの署名設定

署名設定は、パソコン版とスマホ版は別になっていました。左上の三本線をタップします。

下のほうまでスクロールして「設定」をタップします。

設定ボタン

自分のメールアドレスをタップします。

設定画面

署名設定をタップします。

出てきました!モバイル署名に本名とメールアドレスが表示されています。署名を消すには、署名そのものを編集するか、右上の青いボタンをタップしてグレーにします。

署名設定した覚えもないんですが、アプリをインストールしたときに入力欄があったのか…?

しかもやっかいなのが、「署名はメールを送信した後に追加されます」という一文。

送信済みメールを読み返すまで署名がついていることに気づきません。仕事のメールは送信後に必ず確認しますが、プライベートのメールはあまり見ていませんでした。

スポンサードサーチ

Gmailの署名から本名がバレた

リアルで会った事ない人にメールを送った時、署名から本名がバレてしまいました。

まあ、そのうち教えるつもりだったのでちょうどよかったけど、変な人じゃなくてよかったー!

名前を知られたくらいで問題が起こるほど有名人でもないけれど、用心には越したことないので、Gmailを使っている方は今一度確認してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました