メールからウィルスに感染しないために気をつけたいこと

近況・コラム

仕事で日常的にメールを利用していて、ビジネスメール風の迷惑メールを見た事がある人なら怪しいメールはすぐわかると思います。

日本語がおかしいとか、アドレスのドメインのつづりがおかしいとか、パッと見でわかるものがほとんど。

自分は騙されないぞ!と思っていた私がついうっかり開きそうになった迷惑メールの事例を紹介します。

スポンサードサーチ

よくある迷惑メール

前月のご請求額が確定いたしましたのでお知らせいたします。
請求書、および明細をXLS形式の添付書類にてお送りいたしますので、ご確認ください。


ビジネスメールで会社名が書いていないのは怪しいですね。開かずにゴミ箱へポイです。

そしてある日、こんなメールが届きました。

紙看板送付の件

いつもお世話になっております。
書類を添付しますので対応お願
どうぞよろしくお願いいたします。


2行目、書いてる途中で寝ちゃったのかな…。

印刷関係の仕事をしているのですが、紙看板という名称を日常的によく使います。
しかも、取引先に「メール使えないマン」がいらっしゃいまして、こんなそっけないメールを送って来ます。画像はエクセルに貼り付けてきます。(PDFやJPGでいいのよ)

カブ子
カブ子

誤字脱字は全然OKだけど、内容や納期など、具体的な用件は書いてほしいぞよ〜

とりあえずスタッフに
「マツオカさんていう方からメールきてるけど、問い合わせ受けたの誰?」
って聞いても該当なし。

宛先のアドレスに該当するショップが自社と関連性がないし、これはウイルスかも?と思いつつ、データを開いてみたい衝動に駆られる私。

添付ファイルがウイルスかどうか安全に確認する

エクセルをインストールしていないマシンでよくやるやり方なんだけどGoogle ドライブにデータをアップロード。

Googleのサーバーで実行されるので、自分のパソコンは安全。また、ダウンロードするときには危険なファイルは警告を出してくれます。

以下は、Google ドライブにアップしたデータを開いたところです。

Googledrive

めっちゃボケとる!
このデータで紙看板作るの?目を細めても何も読めません。そもそも看板じゃねーし。

ひとつのセルに長いスクリプトが入っています。これはあやしい。

スポンサードサーチ

通常はプロバイダが迷惑メールをチェックしてくれる

通常はプロバイダが「迷惑メールブロックサービス」で振り分けてくれます。
「迷惑メールブロックサービス」にひっかからずに迷惑メールを受信したときは、メールソフト(Thunderbirdの場合)に炎マークがつくか、
赤字で「このメッセージは詐欺の可能性があります」と表示されます。

OCNとぷららは、「迷惑メールボックスに隔離されたメールのお知らせ」というメールが届き、メールソフトでは迷惑メールは受信されません。
迷惑メールの内容は、WEBメールからしか見れない仕様になっています。
「紙看板送付の件」は、どちらのセキュリティにもひっかからずに届きました。

ESET Endpoint Antivirus

一応セキュリティソフトも入れているのでセキュリティソフトがちゃんとお仕事しているか確認してみました。

Antivirus

ツール > ログファイルを開き、「検出された脅威」を見るとトロイの木馬を駆除した形跡が!

トロイの木馬

スポンサードサーチ

こんな人が迷惑メールに騙される

  • いつものお仕事にドンピシャなタイトルで届く
  • 業種柄、面識のない人からのメール(新規のお客様から)をよく受け取る
  • 用件を書かない人、誤字脱字の多い人からのメールをよく受け取る
  • 平気で10MB近い添付ファイルを送りつけてくる人がいる
  • zip(圧縮)やexe(実行ファイル)は注意するけどエクセルは大丈夫っしょ

メールを送られる方へお願い

ただの迷惑メールか、新規のお客様か判断できないときは、差出人やccを検索してから添付ファイルを開いたりしますが、お仕事のご依頼や、お問い合わせのメールは、必ずメッセージを書いてくださ〜い。
(添付だけ送ってきて本文無しの人がいる)
どうしてもメールが苦手なら電話でもFAXでも良いので、連絡ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました